慢性的にお金がほしい


花瓶01

人間が社会生活を営んでいく上では、お金は欠かすことができない存在です。ですからもしもお金が不足する事態に陥れば、誰でもお金を渇望するようになります。しかし、もしも金欠が慢性的なものになってしまったら、それは大きな問題です。それは人生そのものにも支障を来してしまいかねません。慢性的にお金が欲しい時の注意点として最も注視しなければならないのは、それは善悪の価値観です。いくらひもじいからといって、人様のお金を盗んだり、騙し取ったりしてはいけません。そのような人の道に外れる行いこそは、最も気を付けなければならないポイントでしょう。しかし、本当に死ぬほどお金が無くなってきたら、人の道を守ることも非常に困難になってきます。実際に貧しさゆえの犯罪は、昔から人間社会にはつきものです。お金が欲しい時の注意点は、人間関係においても存在します。自分が困った時にだけ友人知人に下手に出ても、助けてくれる人は少ないでしょう。そんな時はいきなりお金のお願いをするのではなく、まずは自らの日頃の至らなさを反省し、詫びるべきことは素直に詫びるところから始めなければなりません。そうすれば、友人もきっと自分の相談に乗ってくれることでしょう。慢性的にお金が欲しい時の注意点をもう一つ挙げるなら、どうしてこんな事態になってしまったのかを反省することを欠かしてはならないということです。その反省の気持ちが無ければ、いつまでもその状況は変わりません。

コメントは受け付けていません。